借地権の利点と注意点

家借地権は建物を所有する事を目的とした場合の、土地の賃借の権利のことで、他の人が所有する土地を、料金を支払って借り、建物を建てる際に関係する権利のことです。当サイトではこの借地権に関するメリット、デメリットについて紹介しています。

借地権は土地を所有したり、建築を行わなかったりするとあまり日常的に関係する事がないと思われるかもしれませんが、そうではありません。稀に見られるケースとしては、引っ越しなどの際に見かける場合があります。借りようとしていた物件に借地権が付いている事がありますが、その場合、故意を除き、建物に傷をつけてしまうなどのトラブルがあったとしても、一般的な賃貸とは異なり、大きな問題にはならない事があります。また、借地権がついている物件を買うと、価格が安かったり、それいこう土地を買う必要がなかったりすることになるので、初期コストの安さは大きな利点といえるのではないでしょうか。

ただ、借地権にはメリットばかりあるわけではありません。例えば土地代がかかったり、物件の解体費がかかったりするなど、様々な面でコストが発生する事があるのです。築年数が長い場合、建物は老朽化し、いずれは取り壊しを行わなければならない時も出てくるかもしれません。そういった際に費用がかかってしまうのが注意すべきポイントの一つです。当サイトではこれらのように、メリットやデメリットについて紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。