借地権のデメリット

家の絵借地権には多くのメリットがありますが、その反面デメリットもあります。借地権のメリットは初期コストの低さですが、土地代や、解体費などのコストがかかります。このランニングコストの多さがデメリットと言えるでしょう。住宅ローンを組むときにも、通常のマンションに比べて価値が低いため、お金を借りることができる金融機関は限られてしまいます。

さらに、何十年もたっている建物は老朽化をしてしまい、いずれは取り壊すことになります。その際も、いろいろなコストがかかってしまいます。しかし、定期借地権付きのマンションが登場してからはほとんど時間がたっていないため、取り壊しまで至ったマンションは報告されていません。そのため、取り壊しの際にどれくらいのコストがかかるかはわかっていないのが現状です。

このように、借地権付きの住宅は歴史が浅いため、最終的にどれだけのコストがかかるのかわからないのが現状です。そのため、初期コストが安いからと安易に考えてしまうのは大変危険な考え方です。借地権のメリットとデメリットをしっかりと勉強してから検討したほうが得策でしょう。さらに、借地権は難しいので、いろいろな人に相談するようにしましょう。