借地権のメリット

引っ越しをしようとしていると、たまに借地権付きの物件を目にすることがあります。借地権は土地を借りる権利のことですが、賃貸住宅とは異なります。借地権があると、建物は自分の物になるのです。なので、壁に傷をつけても落書きをしてもまったく問題ありません。リフォームを勝手にやっても問題ないです。つまり、土地ごと家を買うのと何も変わりません。土地は買う必要がないので、借地権付き住宅を買うときの価格は所有権付き物件に比べると格段に安くなります。これが、借地権付き物件を買う最大のメリットと言えるでしょう。

土地つき一軒家それでは、借地権ではどれくらいのお金がかかるのでしょうか。住宅を買う時には建物の価格の他に、保証金や権利金がかかります。借地権には、普通借地権と定期借地権がありますが、定期借地権の場合には一戸建てで60パーセント、マンションで80パーセント前後です。普通借地権の場合にははっきりとした統計がありませんが、購入価格は定期借地権より高めで、土地代は低目というパターンがとても多いです。

借地権には、いろいろと注意しなくてはいけないこともありますが、借地権付きの住宅を買うメリットは非常に大きいと言えるでしょう。自分の過ごし方に合わせて考えればさらに、お得な住宅と巡り合うことができるかもしれません。