借地権付きの建物を売るためには

借地権付きの物件を売却しようとした場合、はじめに地主に購入の検討を申し出なくてはなりません。その時に地主が購入しない場合、借地人が一人で借地権付きの建物をほかの人に売ることになりますが、地主から借地権譲渡の承諾書をもらわないで売買契約をしてしまうととんでもないトラブルが起きかねません。その理由は、地主に了解を得ていたとしても契約の際には、借地人や譲渡人の想定する額を超える承諾料を地主が多いからです。このようなトラブルを起こさないためにも事前に承諾書を書いてもらうようにしましょう。

しかし、地主にとってみれば、購入者が誰だかわからない状態で、事前に承諾書を書くことができないのはいたって普通のことです。そのため、借地権付きの建物の売買契約の締結までに地主に承諾書を書いてもらうことができない場合は、契約を白紙に戻すようにしましょう。その際は、違約金が発生しないようにしておくといいでしょう。

こうしておくことで、地主の了承が得られない場合でも、違約金を払わずに済みますし、その後のトラブルを未然に防ぐことができます。さらに、こうした契約を事前に結んでおくことで、地主との話し合いもスムーズに進むことになります。その結果、地主から承諾書を簡単に書いてもらうことができるでしょう。